産経ニュース

2020年に「宇宙ホテル」が実現か ラスベガスの大富豪が意欲 宇宙にも不動産開発の波!?

ニュース 国際

記事詳細

更新


2020年に「宇宙ホテル」が実現か ラスベガスの大富豪が意欲 宇宙にも不動産開発の波!?

大型モジュールを2個つなげた民間宇宙ステーションの想像図(ビゲロー・エアロスペース提供) 大型モジュールを2個つなげた民間宇宙ステーションの想像図(ビゲロー・エアロスペース提供)

 地球から観光客が訪れる「宇宙ホテル」や、産業施設として利用できる初の民間宇宙ステーションを2020年に打ち上げる計画を、米宇宙企業のユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)とビゲロー・エアロスペースが14日までに発表した。

 軽く柔らかい素材でできていて軌道上で風船のように膨らむ居住モジュールを使う。ビゲロー社が開発中の大型モジュール「B330」を、ULAのアトラス5ロケットで高度数百キロの軌道に打ち上げる。小さく折り畳んだ状態から内部に空気を入れて大きく広げる。大型トラック数台分に相当する330立方メートルの容積があり、6人が滞在できる。客はスペースXやボーイングが17年以降に運用を始める民間宇宙船に乗ることを想定。

 ビゲロー社長は、米ラスベガスのホテル開発で財をなした不動産王。モジュールを使った月面基地の実現にも意欲を見せており、宇宙にも不動産開発の波が押し寄せるかもしれない。(共同)

このニュースの写真

  • 2020年に「宇宙ホテル」が実現か ラスベガスの大富豪が意欲 宇宙にも不動産開発の波!?
  • 2020年に「宇宙ホテル」が実現か ラスベガスの大富豪が意欲 宇宙にも不動産開発の波!?

「ニュース」のランキング