産経ニュース

【パナマ文書の衝撃】新たな難題でキャメロン英政権窮地か 野党攻勢

ニュース 国際

記事詳細

更新

【パナマ文書の衝撃】
新たな難題でキャメロン英政権窮地か 野党攻勢

エクセター大学で行われた学生との交流イベントでもどこか浮かない顔のデービッド・キャメロン首相(左)=7日、エクセター(ロイター) エクセター大学で行われた学生との交流イベントでもどこか浮かない顔のデービッド・キャメロン首相(左)=7日、エクセター(ロイター)

 「パナマ文書」報道をめぐり、キャメロン英首相が一転してパナマのオフショアファンドを一時保有していた事実を認めた。これまでキャメロン氏とその周辺は疑惑を否定してきただけに、野党の労働党から辞任を求める声が高まり、政治的に窮地に追い込まれる可能性が出てきた。欧州連合(EU)からの離脱をめぐる国民投票に加えて、キャメロン政権は新たな難題を抱え込んだ格好だ。

 キャメロン氏は、夫妻で得た利益に対して、適切な税務処理を行ったとして所得税は支払ったものの、キャピタルゲイン税は発生しなかったため、払っていないと答えた。首相就任前に売却したのは、「誰からも関心を持たれたくなかったから」と釈明。亡父から総額30万ポンドの遺産を相続、その中にオフショアのファンドが含まれているか認識していなかったと述べた。

「ニュース」のランキング