産経ニュース

【パナマ文書の衝撃】プーチン露大統領報道官は「怪文書の標的に」と反論 アイスランド首相は辞任 指導者・有名人の資産隠し続々、各国当局捜査へ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【パナマ文書の衝撃】
プーチン露大統領報道官は「怪文書の標的に」と反論 アイスランド首相は辞任 指導者・有名人の資産隠し続々、各国当局捜査へ

パナマの高層ビル群(奥)と低所得者の住むエリア(手前)=4日、パナマシティ(ロイター) パナマの高層ビル群(奥)と低所得者の住むエリア(手前)=4日、パナマシティ(ロイター)

 【ベルリン=宮下日出男】パナマの法律事務所の内部文書が流出し、世界の指導者や著名人がタックスヘイブン(租税回避地)を利用した資産隠しを行っている可能性が明るみに出た問題で、パナマ検察当局は4日、違法行為の有無や関係者の洗い出しなどの捜査に乗り出した。英BBC放送によると、資産隠し疑惑が浮上していたアイスランドのグンロイグソン首相は5日、辞任を表明した。

 欧米メディアによると、5日までにフランスも当局が捜査を始め、オーストラリア、ニュージーランド、スウェーデンでも調査を開始。米当局も「パナマ文書」に関心を寄せている。

 グンロイグソン首相と夫人の資産隠し疑惑が発覚したアイスランドの首都レイキャビクでは4日、首相に辞任を求める市民らが大規模な抗議デモを展開。野党がグンロイグソン氏への不信任決議案を提出して責任を厳しく追及し、同氏は辞任表明に追い込まれた。

 今回文書が流出したパナマの法律事務所は、顧客の依頼に応じ、租税が優遇されるオフショアに多数のダミー会社を設立、租税回避などを支援したとされる。

 ロイターなどによると、同事務所は、文書はハッカー攻撃で流出した本物だとしつつ、違法行為は否定。声明で、「われわれの仕事の性質がねじ曲げられて伝えられている」と主張した。

「ニュース」のランキング