産経ニュース

【朝鮮半島情勢】北朝鮮の短距離ミサイル発射「1発でなく3発」 韓国軍、2発は失敗の可能性も

ニュース 国際

記事詳細

更新

【朝鮮半島情勢】
北朝鮮の短距離ミサイル発射「1発でなく3発」 韓国軍、2発は失敗の可能性も

【ソウル=藤本欣也】韓国軍は5日、北朝鮮が1日に北東部宣徳(ソントク)付近から日本海に向けて発射した短距離の地対空ミサイルの数について、当初発表した1発ではなく、3発だったことを明らかにした。2発は発射数秒後にレーダーから消えるなどしたため、失敗した可能性があるとみている。

 北朝鮮の国営メディアは4日、対北制裁や米韓合同軍事演習を非難する一方で、「制裁よりも安定の維持が急務であり、無謀な軍事的圧力よりも話し合いの準備をすることが根本的な解決策だ」とする国防委員会談話を報道。韓国メディアは「国連安保理の制裁決議採択後、北朝鮮が初めて対話の姿勢を示した」との見方を伝えたが、韓国外務省当局者は5日、「北朝鮮が非核化の意思を見せず変化を拒否する限り、国際社会の圧力は続くだろう」と述べ、対北強硬姿勢を維持する考えを示した。

「ニュース」のランキング