産経ニュース

アウン・サン・スー・チー氏、新設ポスト国家顧問へ ミャンマー

ニュース 国際

記事詳細

更新


アウン・サン・スー・チー氏、新設ポスト国家顧問へ ミャンマー

アウン・サン・スー・チー氏(ロイター) アウン・サン・スー・チー氏(ロイター)

 【ネピドー=吉村英輝】 ミャンマーで新政権を発足させた与党、国民民主連盟(NLD)は31日、党首のアウン・サン・スー・チー氏を新設の「国家顧問」に任命する法案を上院に提出した。国家顧問のポストは、外相など4閣僚に就任して実質的に政権運営を担うスー・チー氏に、名実ともに指導者としての“お墨付き”を与える狙いがありそうだ。

 憲法で外国籍の家族がいる者の大統領就任を禁じているため、英国籍の子供がいるスー・チー氏は大統領になれないことから、側近のティン・チョー氏を「代理」として大統領に擁立。指揮系統の“ねじれ”を指摘する声も多い。国家顧問になれば、スー・チー氏が訴える「大統領を上回る存在」を合法化できる。

 産経新聞が入手した、ティン・チョー大統領名の議会宛書面案によると、国家に資することを条件に大統領らに顧問を置く重要性を強調し、候補者名にスー・チー氏の名前も挙げた。任期は大統領(5年)と同一と規定。顧問への政府予算や設備使用を可能にするため、立法措置が必要としている。

 31日にNLDより上院に提出された国家顧問法に異議は出ず、今後は下院で審議後、数日中に両院合同会議で承認される見通し。スー・チー氏は大統領を含めた政府の顧問となる。ただ、大統領就任へ憲法改正を目指すスー・チー氏を国軍は警戒しており、議会の4分の1枠を占める軍人議員の反発も予想される。

「ニュース」のランキング