産経ニュース

女性の洪秀柱氏が国民党主席に 台湾「党の再起勝ち取る」 総統選では候補降ろされ

ニュース 国際

記事詳細

更新


女性の洪秀柱氏が国民党主席に 台湾「党の再起勝ち取る」 総統選では候補降ろされ

26日、台北市内の国民党本部で、党主席に当選し決意を述べる洪秀柱前立法院副院長(田中靖人撮影) 26日、台北市内の国民党本部で、党主席に当選し決意を述べる洪秀柱前立法院副院長(田中靖人撮影)

 【台北=田中靖人】台湾の中国国民党は26日、1月の総統選大敗による前主席辞任を受けた主席補選の投開票を行い、前立法院副院長(国会副議長に相当)の洪秀柱氏(67)を新たな主席に選出した。任期は来年夏の党大会まで。

 洪氏は国共内戦に敗れて中国大陸から台湾に逃れた外省人系。戦前から台湾に住む本省人系の黄敏恵代理主席(57)との事実上の女性候補の一騎打ちを制した。同党主席に女性が就任するのは初めて。

 洪氏はいったんは総統選の候補者となった知名度の高さと、退役軍人らの組織票を固めるなどし、投票の過半数となる56%を獲得した。当選した洪氏は「全力を尽して党の再生と再起を勝ち取る」と述べた。

このニュースの写真

  • 女性の洪秀柱氏が国民党主席に 台湾「党の再起勝ち取る」 総統選では候補降ろされ

「ニュース」のランキング