産経ニュース

【米・キューバ国交回復】カストロ氏、記者に激しく逆質問も 人権、制裁解除…主要課題は棚上げ 首脳会談は“セレモニー”終始の感 

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米・キューバ国交回復】
カストロ氏、記者に激しく逆質問も 人権、制裁解除…主要課題は棚上げ 首脳会談は“セレモニー”終始の感 

キューバの首都ハバナで、革命家チェ・ゲバラの肖像を背に立つオバマ米大統領=21日(AP) キューバの首都ハバナで、革命家チェ・ゲバラの肖像を背に立つオバマ米大統領=21日(AP)

 ローズ米大統領副補佐官はその後の会見で、「(問題は)カストロ氏が具体的な個人(政治犯)を把握していないことでなく、政治犯だと認識していないことにある」と強調し、問題の解決には一定の時間がかかるとの見方を示した。

 一方、キューバ国内で弾圧を受けている主要反体制組織の間では、オバマ氏がそもそも、人権問題を解決する目途もないままキューバを訪れたことへの不信感が募っている。著名反体制派のホルヘ・ペレス氏は米メディアに「(訪問は)カストロ政権延命に手を貸すだけだ」と批判した。

  ■  ■  ■

 共和党が優勢な米議会が対キューバ制裁解除に反対姿勢を見せるのは、カストロ政権が反体制派への弾圧を継続していることが大きい。オバマ氏は「(制裁解除が)早期に実現するかどうかは、人権問題をめぐる両国の違いに橋を架けることができるかどうかにある」と述べ、カストロ氏に方針変更を迫った。

 オバマ政権は現在、断続的に制裁を緩和しているが、「緩和対象は少なくなりつつある」(米政府高官)のが実情で、打つ手が限られてきたときのカストロ政権のいらだちは小さくないと予想される。

このニュースの写真

  • カストロ氏、記者に激しく逆質問も 人権、制裁解除…主要課題は棚上げ 首脳会談は“セレモニー”終始の感 

「ニュース」のランキング