産経ニュース

【米・キューバ国交回復】カストロ氏、記者に激しく逆質問も 人権、制裁解除…主要課題は棚上げ 首脳会談は“セレモニー”終始の感 

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米・キューバ国交回復】
カストロ氏、記者に激しく逆質問も 人権、制裁解除…主要課題は棚上げ 首脳会談は“セレモニー”終始の感 

キューバの首都ハバナで、革命家チェ・ゲバラの肖像を背に立つオバマ米大統領=21日(AP) キューバの首都ハバナで、革命家チェ・ゲバラの肖像を背に立つオバマ米大統領=21日(AP)

 キューバのラウル・カストロ議長はオバマ米大統領との共同記者会見の終了後、オバマ氏の手を取って高く掲げ、両者の「緊密」ぶりを強調した。しかし、米国が最重要課題とみなすキューバ国内の人権問題についての協議は平行線をたどったまま。キューバ国民の貧困解消に向け、オバマ氏やカストロ氏が実現を目指す対キューバ制裁解除も、米議会の承認がなければ実現しない。今回の会談は主要課題を棚上げし、旧敵同士の「新しい章」(オバマ氏)の始まりを確認し合うというセレモニーに終始した感が強い。(ハバナ 黒沢潤)

  ■  ■  ■

 3度目となる両者の会談は約2時間半にわたって行われた。会談後の共同記者会見は当初、双方が声明を読み上げて終わるとみられたが、報道陣の質問を突如受け付けるなど、「開かれた関係」を内外に印象付けた。

 ただ、会談では肝心の人権問題で歩み寄りはみられなかった。それどころかカストロ氏は、政治犯について質問した米記者に対し、「政治犯のリストを提示せよ。政治犯がいるなら夜が明けるまでに釈放する」と厳しい口調で逆に質問を浴びせ掛けた。

 これに対し、米国に拠点を置く「共産主義による犠牲者追憶財団」や「全米キューバ系米国人財団」は直ちにメールで報道各社に政治犯リストを配布し、カストロ政権の「欺瞞(ぎまん)」を鮮明に印象づけた。

このニュースの写真

  • カストロ氏、記者に激しく逆質問も 人権、制裁解除…主要課題は棚上げ 首脳会談は“セレモニー”終始の感 

「ニュース」のランキング