産経ニュース

【台湾有情】憲兵が違法に捜査 野党やメディアは「白色テロ」の再来と反発

ニュース 国際

記事詳細

更新

【台湾有情】
憲兵が違法に捜査 野党やメディアは「白色テロ」の再来と反発

 台湾の軍内で警察の役割を担う「憲兵」が一般人を違法に捜査したとして、波紋が広がっている。台北近郊に住む男性がネットで入手した1950~60年代の機密文書3件を転売しようとしていたところ、別の商品の買い手を装って接触してきた私服の憲兵らに脅され、令状なしに自宅を捜索され文書を押収されたというのだ。

 野党やメディアは、中国国民党政権が87年まで戒厳令を敷いて政治弾圧をした「白色テロ」の再来だと反発。国防部(国防省に相当)は、事件が表沙汰になった4日後に関係者14人の処分を発表し、幕引きを急いでいる。

 兵力削減で廃止論もある憲兵が、何のために過去の文書を探し回るのか。歴史の見直しを進めようとする民主進歩党への政権交代を前に、組織防衛のため人権弾圧の記録を消そうとしたとの見方もある。もしそうならば、厳しく指弾されるべきだろう。

「ニュース」のランキング