産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


角川がバンコクに漫画学校を開校 制作の担い手育成

 出版大手KADOKAWAの子会社カドカワ・コンテンツ・アカデミー(東京)は7日、漫画やイラスト制作のノウハウを教える専門学校をタイの首都バンコクに開いた。サブカルチャーの担い手を育成するとともに、日本国外にファンを増やすことを目指している。

 同アカデミーは既に、台北とシンガポールに進出している。今後アジアを中心に約10校をオープンする計画だ。

 漫画とキャラクターデザインの2講座を設け、日本人やタイ人の講師が約10カ月かけて教える。当面は約400人の生徒を受け入れる予定。アニメや声優の講座設置も検討している。

 KADOKAWAの角川歴彦会長は記念式典で「日本の文化を世界の文化にするとともに、タイの人たちと新しい文化をつくっていきたい」とあいさつした。(共同)

「ニュース」のランキング