産経ニュース

【米大統領選】“暴言王”トランプ氏が快進撃 5州で勝利確実 スーパーチューズデー クリントン氏は着実に6州固め

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米大統領選】
“暴言王”トランプ氏が快進撃 5州で勝利確実 スーパーチューズデー クリントン氏は着実に6州固め

トランプ氏(ロイター) トランプ氏(ロイター)

 【ワシントン=小雲規生】米大統領選に向けた民主、共和両党の候補指名争いは1日、予備選や党員集会が集中する「スーパーチューズデー」を迎えた。米CNNテレビによると、共和党側では不動産王のドナルド・トランプ氏が5州で勝利を確実にし、民主党側ではヒラリー・クリントン前国務長官が6州で勝利を固めた。指名獲得に向け、両氏がリードを広げた。

 両党はそれぞれ11州で候補者選びを実施した。共和党のトランプ氏がジョージア、アラバマ、テネシー、マサチューセッツの各州に加え、接戦だったバージニア州でもマルコ・ルビオ上院議員を退けた。テッド・クルーズ上院議員は地元であり、全米で2番目に代議員数が多いテキサス州で勝利を確実にした。オクラホマ州もクルーズ氏が制した。

 アーカンソー州ではトランプ氏、ルビオ氏、クルーズ氏の3人が混戦。バーモント州ではジョン・ケーシック・オハイオ州知事がトランプ氏と接戦を演じている。

 一方、民主党ではクリントン氏がバージニア、ジョージア、アラバマ、テネシー、アーカンソー、テキサスの6州で勝利を確実にした。バーニー・サンダース上院議員は地元のバーモント州で圧勝し、オクラホマ州も制した。マサチューセッツ州ではクリントン氏と僅差の争いになっている。

「ニュース」のランキング