産経ニュース

スターは「行動慎め」と中国当局 チベット独立派と同席の人気歌手や俳優らに 警告文を発表「度が過ぎる」

ニュース 国際

記事詳細

更新


スターは「行動慎め」と中国当局 チベット独立派と同席の人気歌手や俳優らに 警告文を発表「度が過ぎる」

中国の歌手フェイ・ウォンさん=2012年4月、香港(AP) 中国の歌手フェイ・ウォンさん=2012年4月、香港(AP)

 中国の人気歌手や香港の俳優らが2月中旬、インド東部ブッダガヤで開かれたチベット仏教の儀式で、中国が敵視するチベット独立派の指導者と同席していたと中国国内で伝えられ、当局は28日までに「スターは公人として行動を慎め」とする警告文をサイトで発表した。多くのメディアがネットで転載し、話題となっている。

 AP通信などによると、儀式に参加していたのは、歌手フェイ・ウォンさんと俳優トニー・レオンさんら。チベット仏教カギュ派の最高位活仏、カルマパ17世が参加していたという。

 当局は、信仰の自由は尊重するとしながらも、チベット独立を掲げる集団の指導者と同席することは「度が過ぎる」と批判した。

 中国当局はチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世を支持するハリウッド俳優らの入国を禁じることがある。昨年9月には米ロックバンド「ボン・ジョヴィ」の中国公演が中止に。ダライ・ラマのイメージを使った動画をライブで使ったことが理由とされる。(共同)

このニュースの写真

  • スターは「行動慎め」と中国当局 チベット独立派と同席の人気歌手や俳優らに 警告文を発表「度が過ぎる」

「ニュース」のランキング