産経ニュース

【シリア情勢】「国家として崩壊寸前」 国連調査委が報告書 「戦争犯罪の横行」安保理決議の無履行を非難

ニュース 国際

記事詳細

更新

【シリア情勢】
「国家として崩壊寸前」 国連調査委が報告書 「戦争犯罪の横行」安保理決議の無履行を非難

 国連人権理事会が任命したシリア内戦に関する国際調査委員会は22日、最新の報告書を公表した。内戦がシリア国外の政府や勢力による代理戦争の様相を呈し「国家として崩壊寸前となっている」と深い懸念を表明した。

 報告書は、シリアで政権軍や過激組織「イスラム国」(IS)による人権侵害行為も続いており「戦争犯罪が横行している」と強調。シリア情勢の打開に向けた国連安全保障理事会の決議が「ほとんど無視され、履行されていない」として、安保理に適切な対応を取るよう求めた。

 同委員会は2015年7月から16年1月までに目撃者ら約400人から聞き取りするなどして報告書をまとめた。(共同)

「ニュース」のランキング