産経ニュース

「紙から電子へ」は未来を暗示しているのか? 英紙インディペンデントが紙発行を中止

ニュース 国際

記事詳細

更新


「紙から電子へ」は未来を暗示しているのか? 英紙インディペンデントが紙発行を中止

ロンドンの街頭の新聞販売棚に置かれた12日付のインディペンデント紙(左下)。唯一、1面で重力波の観測を報じている。この屈指の高級紙も、来月で棚から姿を消すことになった(AP) ロンドンの街頭の新聞販売棚に置かれた12日付のインディペンデント紙(左下)。唯一、1面で重力波の観測を報じている。この屈指の高級紙も、来月で棚から姿を消すことになった(AP)

 英高級紙「インディペンデント」は12日、紙の新聞の発行を3月でやめ、デジタル版(電子版)だけに完全移行すると発表した。3月26日が紙媒体として最後の発行になる見込み。インディペンデント(独立)という名が示す通り、保守、労働の二大政党から距離を置く不偏不党のメディアとして存在感を示し、一時は英高級紙市場で最大の発行部数を誇ったが、最近は盛時の8分の1にまで部数が減っていた。英メディア界は「業界の先行指標」とも称されており、世界でも屈指の影響力を持つ有力紙の「廃刊」は大きな衝撃を持って受け止められている。(SANKEI EXPRESS)

支局新設、報道部門強化へ

 英BBC放送などによると、インディペンデントを発行するESIメディアのロシア人オーナー、エフゲニー・レベジェフ氏(35)は「新聞業界は変化を続けている。この変化は読者によってもたらされたもので、読者は私たちに未来はデジタルだと示している」とコメント。今後はデジタル版に特化し、アクセス数を増やすため欧州や中東、アジアに支局を新設して報道部門の強化を図るほか、米国での営業体制を強化する方針を示した。

「ニュース」のランキング