産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


米国防総省、グアム移転費185億円

 【ワシントン=小雲規生】米国防総省は11日、2017会計年度(16年10月~17年9月)の国防予算案に沖縄県駐留の海兵隊のグアム移転費として、1億6470万ドル(約185億円)を計上したと発表した。電源工事や設計費、福利厚生用の施設整備費などが含まれており、前年度の要求額1億2600万ドルから3割超の増額を求めている。

 日本政府は沖縄県の基地負担軽減のため、海兵隊のグアム移転を後押ししている。日米両政府の合意では、同県の海兵隊のうち9千人が日本国外に移転する計画。また両政府は海兵隊のグアム移転と米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を切り離すことでも合意している。

「ニュース」のランキング