産経ニュース

【シリア情勢】カナダ首相、「イスラム国」空爆は22日までに中止 「公約守る」と表明

ニュース 国際

記事詳細

更新

【シリア情勢】
カナダ首相、「イスラム国」空爆は22日までに中止 「公約守る」と表明

カナダのトルドー首相(AP) カナダのトルドー首相(AP)

 カナダのトルドー首相は8日、イラクとシリアで実施している過激派組織「イスラム国」(IS)への空爆を今月22日までに中止すると述べた。地元メディアが報じた。

 カナダは2014年からIS空爆に参加している。トルドー氏は昨年10月の総選挙で公約の一つに空爆中止を掲げ、政権交代を実現した。首相就任後も、空爆参加中止の選挙公約を守ると表明してきた。

 首相は「空爆は短期的な目標達成には効果的かもしれないが、地域の長期的な安定には寄与しない」と述べた。

 カナダは戦闘機6機を引き揚げる一方、イラク北部などに派遣している地上部隊は増強し、ISとの戦いを支援するとしている。(共同)

「ニュース」のランキング