産経ニュース

【ジカ熱】コンドーム使用を推奨 性交渉で感染3例、米疾病センターが新指針

ニュース 国際

記事詳細

更新

【ジカ熱】
コンドーム使用を推奨 性交渉で感染3例、米疾病センターが新指針

 米疾病対策センター(CDC)は5日、ジカ熱が性交渉を通じて感染する可能性があるとして、流行地域で居住する人や旅行した人に、性交渉を控えるか、コンドームを常用することを推奨するとした新たな対策指針を公表した。

 2日にテキサス州ダラス郡の衛生当局が性交渉による感染例を報告するなど、CDCはジカ熱が性交渉で感染する可能性を示す事例が世界で3例あると指摘した。

 新指針についてCDCは「もっと詳しい知見が積み上がるまでの暫定的なもの」としているが、ジカ熱には症状が出ずに感染に気づかない場合もあるほか、症状が治まりウイルスが血液から消えた後も精液から検出された症例があるとして、注意を呼び掛けている。

 性交渉で感染した可能性がある症例の一つは、2008年にセネガルから米国に帰国した男性が、ジカ熱発症の数日前に性交渉を持って妻が感染した事例。2例目は、流行地域から帰国した人との性交渉後に感染が確認されたダラス郡の事例。

 もう1例は性交渉とは直接関係ないが、13年にフランス領ポリネシアのタヒチ島で、ジカ熱への感染歴のある44歳男性の精液からウイルスが検出された事例。(共同)

「ニュース」のランキング