産経ニュース

【米大統領選】民主・サンダース氏、ブレない「民主社会主義者」 “異色”最高齢の候補、支持者は若者

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米大統領選】
民主・サンダース氏、ブレない「民主社会主義者」 “異色”最高齢の候補、支持者は若者

1日、米アイオワ州デモインで開かれた民主党の党員集会でスピーチするサンダース上院議員(ロイター) 1日、米アイオワ州デモインで開かれた民主党の党員集会でスピーチするサンダース上院議員(ロイター)

 民主党のアイオワ州党員集会で、最有力のクリントン前国務長官(68)相手に大接戦を演じたサンダース上院議員(74)。「無所属」で「民主社会主義者」を標榜(ひょうぼう)する異色候補の躍進に注目が集まった。

 「今夜アイオワで政治革命が始まった」。1日深夜、同州デモインでサンダース氏が支持者を前にこう呼びかけると、会場を埋め尽くした若者から熱狂的な歓声がわき起こった。

 主要候補者の中で最も高齢のサンダース氏だが、主な支持層は若者だ。「政府は一握りの億万長者のものではない」とウォール街を批判。富裕層増税や公立大学の無償化などの訴えに、格差社会の是正を求める若者層が共鳴し、草の根運動で選挙戦を展開している。

 ポーランドからのユダヤ系移民の父を持つ。20~30代にはベトナム反戦運動など左派政治運動に傾注し、1981年から米東部バーモント州バーリントン市長を8年務めた。

「ニュース」のランキング