産経ニュース

自衛隊・米軍施設周辺121人不明 浮かび上がった「接点」 施設別では釧路駐屯地の6人が最多

ニュース 国際

記事詳細

更新


自衛隊・米軍施設周辺121人不明 浮かび上がった「接点」 施設別では釧路駐屯地の6人が最多

斉藤裕さん 斉藤裕さん

 自衛隊や在日米軍の施設周辺から謎の失踪を遂げた121人。都道府県別では北海道が26人と最も多く、施設別では北海道釧路町の陸上自衛隊釧路駐屯地など周辺が6人、東京都府中市の航空自衛隊府中基地などの近くでは5人が行方不明となっている。特定失踪者問題調査会が過去に実施した現地調査では、交友関係や勤務先から、自衛隊、在日米軍施設との“接点”が浮かんだ失踪者もいる。

 北海道稚内市で昭和43年、高校3年の斉藤裕さん(65)=失踪当時(18)=が行方不明となった。斉藤さんは同市内の自宅で夕食をとった後に外出し、そのまま消息を絶った。平成26年6月に斉藤さんの失踪状況などについて再検証した調査会は、失踪当時に斉藤さんの友人宅近くに、在日米軍施設があったことを確認した。

 斉藤さんはこの友人の家に頻繁に遊びに行っており、友人の父が米軍施設で働いていたことも分かった。調査会の曽田英雄常務理事は「施設の周辺をうかがっている北朝鮮の工作員や協力者からすれば、斉藤さんの存在は目についたはずだ」と指摘する。

このニュースの写真

  • 自衛隊・米軍施設周辺121人不明 浮かび上がった「接点」 施設別では釧路駐屯地の6人が最多

「ニュース」のランキング