産経ニュース

モスクワの巨大像計画にユネスコ「待った!」 クレムリンの世界遺産取り消し危機 正教受容の為政者公像、ウクライナと“本家取り”争い大型化

ニュース 国際

記事詳細

更新


モスクワの巨大像計画にユネスコ「待った!」 クレムリンの世界遺産取り消し危機 正教受容の為政者公像、ウクライナと“本家取り”争い大型化

モスクワで計画されているウラジーミル聖公の銅像イメージ(ロシア軍事歴史協会のホームページより) モスクワで計画されているウラジーミル聖公の銅像イメージ(ロシア軍事歴史協会のホームページより)

 【モスクワ=遠藤良介】ロシア中世のキエフ公国でギリシャ正教を受容した為政者、ウラジーミル聖公の銅像(高さ24メートル)がモスクワのクレムリン付近に建立されることになり、計画見直しを求める国連教育科学文化機関(ユネスコ)との対立が生じている。クレムリンはユネスコの世界遺産に指定されており、巨大な銅像は「悪影響を及ぼす」というのがユネスコの見解だ。計画通りに建立が強行された場合、クレムリンの世界遺産指定が取り消される可能性もある。

 キエフ公国は現在のウクライナの首都キエフを基盤に13世紀まで存在し、ロシア人など東スラブ諸民族にとっての国家発祥地。ウラジーミル聖公は989年ごろにビザンツ帝国から正教を受容し、国力の向上に大きな役割を果たしたとされる。

「ニュース」のランキング