産経ニュース

米国で墜落のF16戦闘機…死亡したのは台湾空軍少佐、飛行訓練中

ニュース 国際

記事詳細

更新


米国で墜落のF16戦闘機…死亡したのは台湾空軍少佐、飛行訓練中

 【台北=田中靖人】台湾の空軍司令部は22日、米アリゾナ州ルーク空軍基地に配備している台湾空軍のF16A戦闘機1機が同午前0時(現地時間21日午前9時)に墜落したと発表した。操縦していた台湾空軍の少佐は死亡した。

 米空軍の公式発表は「ルーク空軍基地の第56戦闘航空団に所属するF16が墜落した」としており、操縦士の所属に触れていない。

 聯合報などによると、台湾空軍は米国から購入したF16A/B150機のうち16機を米国に残し、うち14機は同基地に配備された。台湾東部・花蓮空軍基地のF16部隊から毎年、操縦士を派遣し、米空軍の教官から飛行技術の指導を受けているという。

 米ABCニュース(電子版)によると、墜落機は空対空戦闘の訓練中だった。一部台湾メディアは、米側が事故原因の調査に台湾空軍の関与を認めたと報じている。

「ニュース」のランキング