産経ニュース

【米大統領選】トランプ氏 英入国禁止なら名門ゴルフ場などへ7億ポンドの投資中止と“脅し”

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米大統領選】
トランプ氏 英入国禁止なら名門ゴルフ場などへ7億ポンドの投資中止と“脅し”

演説する米共和党の大統領候補、トランプ氏=4日、マサチューセッツ州ローウェル(ロイター) 演説する米共和党の大統領候補、トランプ氏=4日、マサチューセッツ州ローウェル(ロイター)

 【ロンドン=岡部伸】米大統領選の共和党候補指名争いで、先行する不動産王、トランプ氏は6日、自身のイスラム教徒を排斥する発言をめぐり、英国が同氏の入国を禁止する措置を取れば、英北部スコットランドに同氏が所有するゴルフ場への総額7億ポンド(約1211億円)の投資を直ちに中止すると語った。英BBC放送が伝えた。

 英国では、約57万人がトランプ氏の入国禁止を求める申し立てにインターネット上で署名。これを受け、英下院が18日に審議することを決めている。同氏の発言は禁止措置回避を狙った“脅し”とみられる。

 トランプ氏は「英政府は言論の自由に反対し国内投資に興味がないとの恐ろしいメッセージを世界に送るという危険な前例を作ろうとしている」と述べた。

 母親がスコットランド出身のトランプ氏は、スコットランドの名門ターンベリーとアバディーンのゴルフ場を所有。BBCによると、それらに7億ポンド以上を投資する計画を進めている。

 トランプ氏は、アバディーンのゴルフ場をめぐり、付近で計画中の洋上風力発電事業により景観が損なわれるとして、計画中止を求めた英最高裁での訴訟で敗れている。また、一昨年購入した名門ターンベリーでは、全英オープン選手権の開催を避ける方針も伝えられている。

「ニュース」のランキング