産経ニュース

気象庁も北朝鮮での揺れ確認「地下の断層のずれとは異なる」

ニュース 国際

記事詳細

更新


気象庁も北朝鮮での揺れ確認「地下の断層のずれとは異なる」

気象庁で会見する長谷川洋平地震津波監視課長=6日、東京都千代田区(伴龍二撮影)

 気象庁によると、北朝鮮北東部で6日午前10時半ごろ、マグニチュード(M)5・1相当の揺れを観測した。揺れは、地下の断層のずれによる地震とは異なるとみて、気象庁で詳しく調べている。

 同庁によると、揺れが観測された場所は北緯41度6分、東経129度2分で、深さはごく浅い。同庁の担当者は「地表は揺れているが、地下の断層のずれなどは起きておらず、いわゆる地震とは違う可能性が高い」と話している。

このニュースの写真

  • 気象庁も北朝鮮での揺れ確認「地下の断層のずれとは異なる」
  • 気象庁も北朝鮮での揺れ確認「地下の断層のずれとは異なる」
  • 気象庁も北朝鮮での揺れ確認「地下の断層のずれとは異なる」
  • 気象庁も北朝鮮での揺れ確認「地下の断層のずれとは異なる」

「ニュース」のランキング