産経ニュース

インド空軍基地でテロ イスラム過激組織、印パ関係改善妨害か

ニュース 国際

記事詳細

更新


インド空軍基地でテロ イスラム過激組織、印パ関係改善妨害か

 【ニューデリー=岩田智雄】インド北部パンジャブ州のパキスタン国境やカシミール地方に近いパタンコトで2日未明、武装集団が空軍基地を襲撃し、PTI通信によれば、治安部隊との約5時間の銃撃戦の末、兵士を含む3人と襲撃犯4人が死亡した。当局者は、イスラム過激組織ジェイシモハメドによるテロとの見方を示した。

 襲撃犯はいずれも軍の制服を着用し、基地の裏側から突入を図った。航空機などへの被害はないという。

 カシミール地方の領有権などをめぐり対立する印パ両国は先月9日、包括対話再開に合意し、モディ印首相が25日、印首相としては12年ぶりにパキスタンを訪問していた。今回のテロは、関係改善を妨害することを狙った可能性が高い。ジェイシモハメドは、カシミール地方のパキスタン支配地域に拠点を置き、インド支配地域のインドからの分離を求めている。

 インドのシン内相は、「パキスタンとの良好な関係を望んでいるが、いかなるテロにも適切な対応をする」と述べた。

「ニュース」のランキング