産経ニュース

中国・上海に世界最速エレベーター 119階を55秒で、作ったのは三菱電機…コインも倒れない安定感

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国・上海に世界最速エレベーター 119階を55秒で、作ったのは三菱電機…コインも倒れない安定感

中国で最も高い地上128階建ての超高層ビルとして建設中の「上海中心大厦」(632メートル、右)。この日は正午段階でPM2.5を含む大気指数が323と、重度の大気汚染で超高層ビルもかすんでいた=25日、上海(河崎真澄撮影)

 【上海=河崎真澄】中国で最高層の地上128階建てビルとして建設中の「上海中心大厦(英文名は上海タワー)」で25日、地下2階の乗り場から119階の展望台まで高さ565.4メートルを、55秒で到達する三菱電機製エレベーターが初めて報道陣に公開された。

 定員21人のエレベーターがピーク時に分速1080メートル(秒速18メートル、時速64.8キロメートル)で上昇し、三菱電機では「世界最高速」をうたっている。これまで東芝が台湾で納入した分速1010メートルのエレベーターが世界最速だった。今後もスピード競争が激化しそうだ。

 上海タワーの展望台用として3台納入された三菱電機製では、振動や風切り音を抑える特殊なローラーガイドや流線形のカバーなどの効果で、床に立てた10円玉が最上階まで横に倒れないほどの安定さだった。

 昇り竜をイメージしたデザインの上海タワーは地上632メートルで、東京スカイツリーの634メートルとほぼ同じ高さ。当初は今年開業する予定だったが、完成が遅れている。エスカレーターとエレベーターを合わせた中国の昇降機市場は今年で約65万台で、世界全体の需要の約60%を占める。2020年にはこれが74万台に増大するとの予測もある。

このニュースの写真

  • 中国・上海に世界最速エレベーター 119階を55秒で、作ったのは三菱電機…コインも倒れない安定感
  • 中国・上海に世界最速エレベーター 119階を55秒で、作ったのは三菱電機…コインも倒れない安定感

「ニュース」のランキング