産経ニュース

米FRB、利上げを決定 9年半ぶり ゼロ金利政策を解除

ニュース 国際

記事詳細

更新


米FRB、利上げを決定 9年半ぶり ゼロ金利政策を解除

16日、米ワシントンで利上げについて記者会見する米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長(ゲッティ=共同)

 【ワシントン=小雲規生】米連邦準備制度理事会(FRB)は16日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を現在のゼロ金利状態から0・25%引き上げることを全員一致で決めた。米国の利上げは2006年6月以来9年半ぶりで、7年間続いたゼロ金利政策が解除される。08年9月のリーマン・ショック後に深刻な景気低迷に苦しんだ米国経済は大きな節目を迎えた。

 イエレン氏は記者会見で「景気を支えるためにゼロ金利を維持し続けた特殊な7年間の終わりだ」と述べ、米国の金融政策が大きな転機を迎えたことを強調した。また「今回の決定は米国経済が強くなり続けることへのFRBの自信を反映したものだ」とも述べ、米国経済の先行きに強気の見通しを示した。

 FRBは17日から、これまで年0~0・25%だった短期金利の指標フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を年0・25~0・50%に変更する。ただしイエレン氏は「今回の利上げ後も金利は低いままだ」として、金融市場が過度な反応を示すことを改めて牽制している。

「ニュース」のランキング