産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国外務省も北京大気汚染の深刻さ認める

今月1日正午ごろ、深刻な大気汚染が発生し混雑する北京市内の幹線道路「長安街」のジャンクション(川越一撮影)

 【北京=川越一】中国外務省の華春瑩報道官は8日の定例記者会見で、深刻な大気汚染が続く北京市が「赤色警報」を発布したことについて、「スモッグ問題の深刻さは、環境管理や気候変化に対する対応の緊迫度の高まりを示しており、われわれの決意を固くしている」と述べた。

 華報道官はさらに、「政府の各レベルと社会各界が共に努力することで、一部の都市のスモッグ問題が改善され続けると信じている」と訴えた。

このニュースの写真

  • 中国外務省も北京大気汚染の深刻さ認める
  • 中国外務省も北京大気汚染の深刻さ認める
  • 中国外務省も北京大気汚染の深刻さ認める

「ニュース」のランキング