産経ニュース

日本提案で「世界津波の日」制定へ 国連委で決議 「稲むらの火」ちなみ11月5日

ニュース 国際

記事詳細

更新


日本提案で「世界津波の日」制定へ 国連委で決議 「稲むらの火」ちなみ11月5日

4日、国連総会第2委員会の会合で発言する吉川元偉国連大使(中央)=ニューヨークの国連本部(共同)

 【ニューヨーク=黒沢潤】国連総会第2委員会は4日、11月5日を「世界津波の日」とする決議案を採択した。東日本大震災から来年3月で5年となるのを前に日本が提案。最終的に日本を含む142カ国が共同提案国となった。日本政府は今後、国内外で津波被害防止の啓発活動を行っていく。

 日本国内でも11月5日は「津波防災の日」とされている。同日は1854(嘉永7)年の「安政南海地震」が起きた日にあたり、この地震による大津波に襲われた和歌山県広川町では、稲束に火をつけて人々を高台に避難させた「稲むらの火」の逸話が残っている。

 国連では日本などが主導した「国際防災の日」(10月13日)が制定されているが、津波に特化した国際デーは初めてという。

「ニュース」のランキング