産経ニュース

【移民ショック】口を糸で縫いハンスト マケドニアに入国拒否された移民が抗議 「撃ってみろ。絶対に戻らない」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【移民ショック】
口を糸で縫いハンスト マケドニアに入国拒否された移民が抗議 「撃ってみろ。絶対に戻らない」

抗議に縫われたくちびる(ロイター)

 ギリシャ北部イドメニで23日、隣国マケドニアへの入国を拒否されたイランなどからの移民約100人が国境で抗議、当局に入国を許可するよう求めた。うち6~7人が口を糸で縫い付け、ハンガーストライキを実施した。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が明らかにした。

 パリ同時多発テロを受け、難民や移民の通過国のマケドニアなどバルカン諸国はシリア人、アフガニスタン人、イラク人以外を難民と認めず、入国を拒否している。一方、依然として難民らはマケドニア経由で西欧を目指しており、国境で緊張が高まる例も出ている。

 イドメニでは23日、入国を拒否された移民ら約900人が立ち往生。一部が線路上に座り込んだ。オーストリアのメディアによると、上半身裸になり、胸に「撃ってみろ。絶対に戻らない」と書いて抗議した移民らもいた。(共同)

「ニュース」のランキング