産経ニュース

【拉致再調査】「北の従属断ち、拉致被害者全員返せ!」 朝鮮総連元活動家がトップに衝撃の提言

ニュース 国際

記事詳細

更新

【拉致再調査】
「北の従属断ち、拉致被害者全員返せ!」 朝鮮総連元活動家がトップに衝撃の提言

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)執行部に、北朝鮮への従属を断ち切るよう求めた提言書を、活動家だった男性が突き付けた。日本人拉致被害者全員の解放や金日成(キム・イルソン)、金正日(ジョンイル)父子の肖像画の撤去を迫る内容。執行部は黙殺する構えだが、在日韓国人団体の機関紙も提言内容を掲載するなど、波紋が広がっている。(桜井紀雄)

 朝鮮総連トップの許宗萬(ホ・ジョンマン)議長に宛て提言をまとめたのは、かつて広島地方の宣伝幹部などを務めた東京都在住の高忠義(コ・チュンウィ)さん(70)。10月中旬に都内で開かれた朝鮮総連傘下の商工会70周年式典で提言書を配布したり、本部に送ったりする実行行為に出た。

 提言では、全施設からの肖像画撤去や拉致被害者全員の帰国のほか、北朝鮮に渡った在日朝鮮人とその日本人配偶者の自由往来の実現、本国の核兵器開発への反対を求めている。

 北朝鮮との従属関係を断つため、組織幹部は朝鮮労働党の党籍を離脱するか、党員でない者が就くことや、在日朝鮮人系信用組合を通じて消えた膨大な資産の行方と責任を明らかにすることも要求。日朝の「パイプ役」は維持しつつ、拉致問題や個人崇拝など「おかしいことをおかしいといえる」組織への転換を訴えた。

「ニュース」のランキング