産経ニュース

【韓国旅客船沈没】朴槿恵大統領の「空白の7時間」の調査決定 「中立に反する」と与党系反発

ニュース 国際

記事詳細

更新

【韓国旅客船沈没】
朴槿恵大統領の「空白の7時間」の調査決定 「中立に反する」と与党系反発

韓国の朴槿恵大統領(ロイター)

 【ソウル=藤本欣也】韓国で昨年4月、304人の死者・行方不明者を出した旅客船セウォル号沈没事故当日の朴槿恵(パク・クネ)大統領の「空白の7時間」を含む事故対応について、官民合同の特別調査委員会が調査を行うことが23日、決まった。

 特別調査委の野党系委員らが主導したもので、調査では陳述書や資料の提出、聴聞会への出席などを対象者に求めることができる。しかし与党系委員は「委員の政治的中立に反する」として強く反発しており、調査が円滑に行われるかは不透明だ。

 特別調査委は23日の全員委員会で、「大統領府などの事故対応に関連した業務の適正性などに関する案件」を賛成多数で可決した。朴大統領への調査も排除しないとしており、韓国メディアは朴大統領の「空白の7時間」も調査対象に含まれると報じている。

「ニュース」のランキング