産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


韓国元大統領、金泳三氏が逝去 87歳

金泳三・元韓国大統領

 【ソウル=藤本欣也】韓国で長年、軍政と闘い、民主化の実現に貢献した金泳三(キム・ヨンサム)元大統領が22日午前零時すぎ、病気のためソウル市内の病院で死去した。87歳だった。1980年代以降、金大中(デジュン)元大統領、金鍾泌(ジョンピル)元首相とともに「三金」と呼ばれ、民主化の過程で大統領の座を激しく争った。93~98年には“文民大統領”として政権を担ったものの、経済破綻の危機を招き、失意の中で退任した。肺炎などで長期にわたり入院していたが、2014年末に退院、自宅療養していた。

 韓国南東部、慶尚南道(キョンサンナムド)の巨済(コジェ)島出身。裕福な網元の長男として生まれた。釜山(プサン)の中学校時代、下宿の壁に「未来の大統領金泳三」と書いた紙を貼り付けていた逸話が残る。政治家を志しソウル大哲学科を卒業。朝鮮戦争休戦後の1954年、史上最年少の26歳で国会議員に初当選した。

「ニュース」のランキング