産経ニュース

【パリ同時多発テロ】「君の負けだ」 犠牲者遺族のメッセージ、共感呼ぶ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【パリ同時多発テロ】
「君の負けだ」 犠牲者遺族のメッセージ、共感呼ぶ

バタクラン劇場で妻を失ったアントワーヌ・レリス(Antoine Leiris)さんのフェイスブックページ バタクラン劇場で妻を失ったアントワーヌ・レリス(Antoine Leiris)さんのフェイスブックページ

 【パリ=森浩】パリ同時多発テロをめぐり、被害者家族や事件に遭遇した関係者の悲しみは癒えないが、約90人が死亡したバタクラン劇場で妻を失った男性のメッセージが共感を呼んでいる。妻への変わらぬ愛を打ち明けた上で、テロリストが望むであろう憎しみを抱いていないとあえて言及し、テロリストの負けであることを宣告している。当事者はテロへの怒りを抱きつつ、立ち上がろうとしている。

 「金曜の夜、君はかけがえのない命を奪った。私の人生最愛の人であり、私の息子の母の命を」

 フェイスブックでテロリストへの手紙という形でメッセージを発信したのはアントワーヌ・レリスさん。バタクラン劇場で妻のエレーヌさんをテロリストに射殺された。

 13日に自宅からバタクラン劇場へと見送ったが、数日後、エレーヌさんは無言の帰宅となった。

 「今朝、何日も何日も待った末にようやく彼女に会えた。彼女はいつも通り美しかった。金曜の夜に去ったときと同じように。どうしようもなく恋に落ちてしまった12年前のように」

 愛する人の命を奪ったテロリストたちには「もちろん、私は痛みに打ちのめされている。君に小さな勝ちを譲ろう」とした上で、こう呼びかけた。「私は君に憎しみを贈りはしない。君はそれを望んでいるだろう。君が僕がおびえることを、安全のため自由を犠牲にすることを、期待していただろう。君の負けだ」

続きを読む

「ニュース」のランキング