産経ニュース

【イスラム国】ジハーディ・ジョンの殺害「かなり確実」と米軍 会見で確認

ニュース 国際

記事詳細

更新

【イスラム国】
ジハーディ・ジョンの殺害「かなり確実」と米軍 会見で確認

イスラム国が2014年10月に公開したビデオに映ったジハーディ・ジョン(AP)

 【ワシントン=加納宏幸】イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の掃討作戦を実施する米軍主体の有志連合のウォーレン報道官は13日の記者会見で、日本人ジャーナリストの後藤健二さんらを殺害したとみられる通称「ジハーディ(聖戦士)・ジョン」が、無人機による空爆で殺害されたのは「かなり確実」であると述べた。

 入手した情報を分析した結果だという。ウォーレン氏は一方で、最終的に殺害を確認するには「なお時間がかかる」とした。

 ジハーディ・ジョンは、クウェート生まれの英国人、モハメド・エンワジ容疑者とみられる。AP通信によると、空爆には米軍2機、英軍1機の無人機が参加し、イスラム国が「首都」とするシリア北部ラッカで車に乗っていた容疑者を殺害したという。

 後藤さんのほか、米国人や英国人を斬首するビデオに覆面姿で登場した容疑者はイスラム国の広告塔の役割を担っているとされ、海外への影響を懸念する米英などが行方を追っていた。

「ニュース」のランキング