産経ニュース

【南シナ海緊迫】米国、「航行の自由作戦」も中国に効果なし、次の一手は

ニュース 国際

記事詳細

更新

【南シナ海緊迫】
米国、「航行の自由作戦」も中国に効果なし、次の一手は

4日にクアラルンプール近郊で開かれたASEAN拡大国防相会議に出席したカーター米国防長官(共同)

 オバマ米政権は2011年11月、アジア重視戦略を公表して以降、中国の海洋覇権拡大に対抗するため、ASEANへの関与を強めてきた。この結果、中国脅威論が強まっていたASEAN内に、米国への軍事的な依存度を高める作用をもたらし、米中の“覇権争い”の先鋭化により、ASEANが結束に腐心する状況が続いている。

 ASEANを舞台にした外交の場でもオバマ政権は、「対話」と言葉による「圧力」で、中国の覇権主義を修正させることを目指してきた。「航行の自由」などの原則論を繰り返し唱え、衝突回避へ向けた「行動規範」の策定を促してきたわけだ。

 だが、中国は軍事拠点としての人工島建設を進め、米国の試みは奏功しないまま推移している。

「ニュース」のランキング