産経ニュース

北朝鮮、出稼ぎ労働者を約17カ国に派遣 給与のほとんどが本国に送金 国連で報告

ニュース 国際

記事詳細

更新


北朝鮮、出稼ぎ労働者を約17カ国に派遣 給与のほとんどが本国に送金 国連で報告

 【ニューヨーク=黒沢潤】国連のマルズキ・ダルスマン北朝鮮人権状況特別報告者は28日までに、北朝鮮当局が海外に派遣している出稼ぎ労働者の実態などをまとめた報告書を公表した。派遣国数は17カ国前後に上り、本国に送金された額は年間あたり12億~23億ドル(約1440億~2760億円)とみられると指摘した。

 同報告書によれば、出稼ぎ労働者の総数は少なくとも5万人。派遣国はロシアやポーランドに加え、中国、モンゴル、ミャンマーなどアジア地域、アルジェリアやクウェート、リビア、ナイジェリアなど中東・アフリカ地域。

 労働者は鉱山地帯や森林伐採場、裁縫工場、建設現場などで長時間労働を強いられ、月額給与は120~150ドルに抑えられ、その大半を北朝鮮当局に送金しているという。

 労働者の旅券は現地で北朝鮮政府関係者によって没収され、職務に就いている期間中は母国への帰国が禁止されている。健康・安全面の対策についても不十分という。ダルスマン氏は28日、国連本部での記者会見で、「(派遣されている国は)増加している」と懸念を表明した。

「ニュース」のランキング