産経ニュース

【韓国教科書問題】朴大統領「歴史教育の正常化は当然の課題」 国定教科書を正当化 教育現場で「執筆拒否」の動きも

ニュース 国際

記事詳細

更新

【韓国教科書問題】
朴大統領「歴史教育の正常化は当然の課題」 国定教科書を正当化 教育現場で「執筆拒否」の動きも

 朴槿恵大統領の演説中に、プラカードを掲げて抗議する韓国国会の野党議員ら=27日、ソウル(共同)

 【ソウル=名村隆寛】韓国の中学、高校の歴史教科書に左派傾向で北朝鮮に融和的なものがあるとして、韓国政府が教科書の国定化を発表したことについて、朴槿恵(パク・クネ)大統領は27日、国会で演説し、「歴史教育の正常化は当然の課題であり、われわれの世代の使命だ」と述べ、教科書の国定化を進める姿勢を強調した。

 検定制の現行教科書には李承晩(イ・スンマン)、朴正煕(パク・チョンヒ)政権など韓国の歴代政権を否定し、北朝鮮の正当性を認めるような記述もある。教科書国定化は、こうした偏向教育に歯止めをかけるものだ。しかし、野党など反対派は国定化に対し、「朴大統領の父である朴正煕元大統領の親日・独裁を美化するもの」などと批判している。

 朴大統領は演説で、「教科書国定化に歴史歪曲(わいきょく)や美化ではないかとの憂慮があるが、そんな教科書は絶対に座視しない」と断言。「歴史を正しく受け入れることが政争の具になってはならない」と述べた。

「ニュース」のランキング