産経ニュース

中国大使、旧日本軍が人体実験で中国人殺害と主張 国連軍縮委で批判「日本は歴史隠蔽」 

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国大使、旧日本軍が人体実験で中国人殺害と主張 国連軍縮委で批判「日本は歴史隠蔽」 

 【ニューヨーク=松浦肇】中国の傅聡軍縮大使は22日、国連総会第1委員会(軍縮)の会合で演説し、旧日本軍による化学兵器使用や人体実験によって多くの中国人が殺害されたと主張し、「戦後70年がたっても日本は歴史を隠蔽して(責任から)逃れようとしている」とした。

 対して、日本の佐野利男軍縮大使は答弁権を行使し、日本は第2次世界大戦への深い反省に基づき、「平和を愛する国として歩んできた」と反論。傅聡大使は「平和憲法を変えることは平和を愛する国の通常の振る舞いではない」と再反論した。

 傅聡大使は20日にも、国連総会第1委員会で演説し、日本の核武装への懸念も持ち出して対日批判を展開。日本が保有している分離プルトニウムを引用することで、「核セキュリティーや不拡散の観点から深刻なリスクを生んでいる」と主張した。

 中国側は同委員会での持ち時間の多くの対日批判に費やす姿勢を続けている。

「ニュース」のランキング