産経ニュース

【本紙前ソウル支局長公判】判決は11月26日 検察側が懲役1年6月を求刑 加藤前支局長「コラムに公益性」 

ニュース 国際

記事詳細

更新

【本紙前ソウル支局長公判】
判決は11月26日 検察側が懲役1年6月を求刑 加藤前支局長「コラムに公益性」 

ソウル中央地裁に入る加藤達也前ソウル支局長 =19日、韓国・ソウル (大西正純撮影)

 韓国に悪意をもっているとの検察の主張に対しては、加藤前支局長が出国禁止措置のため韓国に滞在していた今年1月、日本の家族が、ホームステイ先を探す韓国の高校生を自宅に受け入れたことを明かした。

 弁護側はこのほか、前回8月の公判で弁護側証人として出廷した上智大の田島泰彦教授(63)の意見書を裁判所に提出した。

 情報メディア法の専門家で、言論の自由などに関する著作・論文がある田島教授は前回、検察側の申し立てにより証言の一部が制限された。意見書では、濫用されるケースが少なくない刑事名誉毀損法に関し、国際社会で再検討が進んでいる現状を紹介。名誉毀損を刑事処罰しようとする韓国当局を改めて批判した。

「ニュース」のランキング