産経ニュース

【ルーマニア浪漫紀行(7)】“欧州一の親日国”目指して…ポンタ首相との懇談も計画

ニュース 国際

記事詳細

更新

【ルーマニア浪漫紀行(7)】
“欧州一の親日国”目指して…ポンタ首相との懇談も計画

日本文化を学ぶ現地の若者たちと記念撮影=17日、ルーマニア・ブラショフ

 在日本ルーマニア商工会議所視察団の公式事業はあっと言う間に1週間の日程を消化し、本日18日が最終日です。

 午前中、ルーマニア駐在のスタン副会頭とセバスティアン常務理事を囲んで総括懇談。あらゆる機器をインターネットに接続する「モノのインターネット(IoT)」および次世代がん治療「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」を活用したメディカルツーリズムの実現可能性、インフラ整備および農業近代化への日本の参画、来春に予定されるルーマニアファッションの日本進出の支援、石油化学プラント経営譲渡の支援など、今回ご縁を得た両国間のビジネスチャンスを実現していくための基本的な方策を議論しました。

 視察団はこれからチェックアウトして、名門レストラン「クラマ・ドムネアスカ」にて昼食をいただき、私を除く団員諸氏はその後買い物を楽しんでから、アンリ・コアンダ国際空港より日本へと旅立ちます。

 私自身は月末まで滞在し、公式訪問として目下副会頭がアレンジしてくれているポンタ首相および農水大臣との懇談、またいくつかの企業・個人とのビジネス懇談を重ね、コンスタンツァ、ティミショアラなど主要都市への訪問も検討しています。

「ニュース」のランキング