産経ニュース

ユネスコ、「南京大虐殺」を登録 「慰安婦」は却下 記憶遺産審査

ニュース 国際

記事詳細

更新


ユネスコ、「南京大虐殺」を登録 「慰安婦」は却下 記憶遺産審査

中国国旗を手に、南京大虐殺記念館を訪れる子どもら=5日、中国江蘇省南京市(共同)

 中国が「南京大虐殺文書」として申請した資料には、捏造(ねつぞう)が確認された写真や「大虐殺」があったことを証明するには不適切な文書、所有者の許可がないまま使用された写真-などが多数含まれていることが、日本人の歴史学者らの検証によって明らかになっている。中国側は、資料は「旧日本軍が作成した」と主張。日本は検証の機会を再三求めてきたが、中国が応じることはなかった。

 一方、「慰安婦関係資料」が却下されたことで、南京との2件の登録という最悪の事態は回避。しかし、慰安婦問題をめぐっては、次回の審査に向け韓国が申請の動きを見せている。中国では韓国とともに、北朝鮮や台湾、インドネシアやオランダを巻き込んで登録を目指す計画もあるとの指摘もある。日本は慰安婦問題について、事実関係を国際社会に周知する活動を一層強める必要がある。

このニュースの写真

  • ユネスコ、「南京大虐殺」を登録 「慰安婦」は却下 記憶遺産審査
  • ユネスコ、「南京大虐殺」を登録 「慰安婦」は却下 記憶遺産審査
  • ユネスコ、「南京大虐殺」を登録 「慰安婦」は却下 記憶遺産審査
  • ユネスコ、「南京大虐殺」を登録 「慰安婦」は却下 記憶遺産審査
  • ユネスコ、「南京大虐殺」を登録 「慰安婦」は却下 記憶遺産審査

「ニュース」のランキング