産経ニュース

韓国の子供監視アプリ“情報ダダ漏れ” 「簡単にハッキング」で大問題に発展か

ニュース 国際

記事詳細

更新


韓国の子供監視アプリ“情報ダダ漏れ” 「簡単にハッキング」で大問題に発展か

スマートフォンでゲームに興じる韓国の高校生。政府は、有害サイト遮断などを狙って監視アプリのインストールを義務付けたが、個人情報が盗まれる深刻な事態を招きつつある(AP)

 韓国政府が今年6月、未成年者(18歳以下)がスマートフォン購入の際、インストールを義務付けた利用者監視アプリ「スマートシェリフ」が、第三者に簡単にハッキングされ、利用者の個人情報が盗み出される危険性の高いことが、ネット監視団体の調べで分かった。韓国では、有害サイトへのアクセス遮断や利用状況把握など、年頃の子供を持つ親から監視アプリを評価する声が上がる一方、「プライバシー侵害」につながると批判する声も根強く、大問題に発展する可能性があるという。

閲覧サイトなど把握

 韓国人にとって、衝撃的な事実を暴いたのは、カナダのトロント大学ムンク国際研究スクール内にあるネット監視団体「シチズン・ラボ」と、ドイツのコンピューターソフト検査会社「Cure(キュア)53」。世界中のネットの自由を支援する財団「オープン・テクノロジー・ファンド(OTF、本部・米ワシントンDC)」の依頼で調査していた。

「ニュース」のランキング