産経ニュース

【米中首脳会談】「中国が約束を履行するか懐疑的」 オバマ氏、制裁ちらつかせる

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米中首脳会談】
「中国が約束を履行するか懐疑的」 オバマ氏、制裁ちらつかせる

米ワシントンの歓迎式典に出席するオバマ大統領(右)と中国の習近平国家主席=25日(ロイター)

 首脳会談でオバマ米大統領が最も重視したのは、サイバー問題で「成果」を得ることだった。

 米政府は中国との事前折衝を通じ、制裁を科す用意があることを示して威圧することで、合意を引き出した。オバマ政権内では当初、首脳会談前の制裁発動も検討されていたが、見送られた背景にはこうした経緯がある。「成果」は同時に、中国による“制裁封じ”という面も併せもつ。

 問題は、中国が果たして「約束」を履行するのかという点にある。オバマ大統領も共同記者会見で、「制裁を科す」ことを含む「あらゆる手段」をもち合わせていることに言及しながら、「言葉に続く行動」を取るようクギを刺した。

 中国は東南アジア諸国との「南シナ海行動規範」をめぐる交渉で、協議には応じるものの進展は図らないという手法をとっている。このため有識者や議会関係者の間でも、「中国が今回の約束を履行するか懐疑的だ」(アダム・シフ下院情報委員長=民主党)との疑念は強い。

 合意は民間からの知的財産のサイバー窃取だけに縛りをかけ、政府機関や軍への攻撃は対象としていない。そこに踏み込むことは米側の対中サイバー戦略上、不都合なうえ、国際的なルールが確立されていない中では、ロシアなどを利することになりリスクが大きい。

「ニュース」のランキング