産経ニュース

国内で独立運動抑圧のロシア 世界から分離独立派を集め国際会議

ニュース 国際

記事詳細

更新


国内で独立運動抑圧のロシア 世界から分離独立派を集め国際会議

 【モスクワ=遠藤良介】諸外国の分離独立派勢力を一堂に集めた国際会議がこのほどモスクワで開催され、国連総会への提出を想定した民族自決の権利に関する「決議案」が採択された。主催団体はクレムリン(露大統領府)に近い基金から資金援助を受けており、プーチン露政権は自国内の分離主義を極度に警戒する一方、諸外国の独立運動を鼓舞している格好だ。

 国際会議は政権派団体「ロシア反グローバリズム運動」の主催。ウクライナ東部や米テキサス州、米自治領プエルトリコ、スペインのカタルーニャ自治州、英アイルランド、西サハラなどから35政党・団体の関係者が無料で招かれた。

 主催団体は「こうした会合は世界初だ」とし、分離主義の高まりは「欧米型国家統治の危機と非効率」を反映していると主張。国際会議の目的は「独立運動の経験を共有することだ」などと説明した。団体は「クレムリンの庇護(ひご)下」で活動することを公言している基金から開催費用を得ており、会場のホテルは大統領府総務局が所管している。

 ロシアは欧州連合(EU)に反発している欧州の極右勢力とも関係を深めており、3月には親政権政党が欧州の極右団体を集めた国際会議を開いた。今回の分離派会合も、「敵の敵は味方」の論理で欧米を牽制(けんせい)する狙いとみられる。ロシアがウクライナ南部クリミア半島を一方的に併合し、同国東部の親露派を軍事支援していることを正当化する意図も指摘される。

「ニュース」のランキング