産経ニュース

【移民ショック】ハンガリー封鎖でクロアチアにあふれる難民ら7000人超 EUは23日に緊急首脳会議

ニュース 国際

記事詳細

更新

【移民ショック】
ハンガリー封鎖でクロアチアにあふれる難民ら7000人超 EUは23日に緊急首脳会議

16日、セルビアとハンガリーの国境で、同国警察との衝突で負傷した移民の男性(ロイター)

 【ベルリン=宮下日出男、ロンドン=内藤泰朗】中東、北アフリカの難民や移民の流入問題で、ハンガリーが国境を封鎖したのを受け、計7300人以上の移民らが16日以降、セルビアから隣国クロアチアに入った。ロイター通信が17日に伝えた。欧州連合(EU)のトゥスク大統領は17日、臨時のEU首脳会議を23日に開くと発表。拡大する混乱に緊急に対処する必要があると判断した。

 ロイターは17日、ハンガリーと接するセルビア側のホルゴスに集結していた移民らの多くが、クロアチアに向かったと伝えた。同国は首都ザグレブ周辺の施設で収容する方針とみられるが、オストイッチ内相は「これ以上の受け入れは困難だ」と訴えた。

 移民らはハンガリー当局がホルゴスからの流入阻止に乗り出したため、迂回(うかい)してクロアチアに向かった。AP通信などによると、ホルゴスでは16日、ハンガリー警察が移民らに使用した催涙ガスと放水で2人が重傷を負い、約300人が手当てを受けた。警官20人も負傷した。

 セルビアのブチッチ首相は「野蛮だ」とハンガリー側を非難したが、同国のシーヤールトー外務貿易相は、移民らがセルビア側から石などを投げつけ、国境の強行突破を図ったための措置だと反論した。

「ニュース」のランキング