産経ニュース

チリでM8・3の地震 3人死亡、10人以上が負傷

ニュース 国際

記事詳細

更新


チリでM8・3の地震 3人死亡、10人以上が負傷

16日、津波警報発令後、チリ中部バルパライソの高台に避難した住民ら(ロイター)

 【ロサンゼルス=中村将】米地質調査所(USGS)によると、南米チリ中部沖で16日午後7時54分(日本時間17日午前7時54分)ごろ、マグニチュード(M)8・3の地震があった。震源は中部イジャペルの西46キロで、震源の深さは25キロ。チリ気象当局は全土に津波警報を発令した。

 中部コキンボで約4・5メートルの津波を観測するなど、各地に津波が押し寄せた。地元メディアなどによると、少なくとも3人が死亡、10人以上が負傷した。在チリ日本大使館によると、日本人が負傷したとの情報は入っていない。

 米CNNによると、コキンボ市内は津波の影響で広範囲にわたって浸水。市内の95%が停電した。イジャベル付近ではM4・9以上の余震が約2時間で12回発生しているという。

 米ハワイの太平洋津波警報センターも、チリからペルーにかけての沿岸部で津波の被害が出るおそれがあるとして警戒を呼びかけた。ハワイや、震源から約9700キロ離れたニュージーランドにも津波警報を出した。日本の気象庁も、太平洋広域に津波の可能性があり、調査中と発表した。

 在チリ日本大使館によると、現地で日本人が負傷したとの情報はない。

このニュースの写真

  • チリでM8・3の地震 3人死亡、10人以上が負傷

「ニュース」のランキング