産経ニュース

【移民ショック】殺到するドイツが“限界”、流入制限に着手 EUは緊急理事会も紛糾必至

ニュース 国際

記事詳細

更新

【移民ショック】
殺到するドイツが“限界”、流入制限に着手 EUは緊急理事会も紛糾必至

オーストリアとの国境沿いで流入する移民の入国検査のため配置されたドイツの警察官=14日(AP)

 【ベルリン=宮下日出男】中東や北アフリカから難民や移民が欧州に流入している問題で、ドイツは13日、オーストリアとの国境で入国検査を導入し、移民らの流入を制限し始めた。ハンガリー経由の移民らを受け入れてきたが、国内対応が限界に達した。欧州連合(EU)は14日、ブリュッセルで緊急の内相・法務相理事会を開き、難民申請者16万人を分担して受け入れる割り当て計画を協議するが、中東欧の反対は強く、難航は必至だ。

 デメジエール独内相は13日、国境検査導入の目的について「(移民らの)流入を制限し、秩序ある入国手続きを回復する」と述べた。欧州諸国間の自由な移動を認めた「シェンゲン協定」では治安上の深刻な懸念などがあれば、国境検査を一時的に復活させることが可能。ただ、内相は実施期間には言及しなかった。

 これを受け、チェコはオーストリアとの国境の監視を強化すると表明した。ドイツの決定により、オーストリアからチェコ経由でドイツを目指す移民らが増える可能性があるためだ。

 ドイツは4日、ハンガリーへの流入が深刻化したのに伴い、例外措置として同国の移民らの受け入れを決定。その後、移民らはドイツに殺到し、南部ミュンヘンには12~13日も1万9100人が到着。地元当局からは収容能力が限界に達したとの声が上がっていた。

「ニュース」のランキング