産経ニュース

【抗日70年行事】台湾の馬総統、「抗日戦は国民政府が主導」と改めて強調 「抗日」喧伝の中国当局に「遺憾」表明

ニュース 国際

記事詳細

更新

【抗日70年行事】
台湾の馬総統、「抗日戦は国民政府が主導」と改めて強調 「抗日」喧伝の中国当局に「遺憾」表明

「抗日戦争勝利70年」記念の軍事パレードで演説する台湾の馬英九総統=7月、台湾・新竹県(共同)

 【台北=田中靖人】台湾の馬英九総統は2日、対日戦争勝利記念日としている3日を前に台北市内の国防部(国防省に相当)で開かれた式典で演説し、「中国共産党が抗日戦争を主導したと自称するのは非常に遺憾だ」と述べ、日中戦争は中華民国政府が主導したと改めて強調した。

 馬総統は、共産党が参戦したことを「否定したことはない」としつつも、共産党軍は日本軍との正面作戦を避けて兵力を温存し、支配地域拡大のため「国軍(中国国民党軍)」を攻撃することさえあったと指摘。中国当局に対し「抗日戦争は国民政府が主導し、共産党は補助的に参加した」と公式に表明するよう呼びかけた。

 式典には、国民党軍の元兵士8人やルーズベルト元米大統領の孫らも参加した。

このニュースの写真

  • 台湾の馬総統、「抗日戦は国民政府が主導」と改めて強調 「抗日」喧伝の中国当局に「遺憾」表明

「ニュース」のランキング