産経ニュース

【外信コラム】ソウルからヨボセヨ 現実直視する機会

ニュース 国際

記事詳細

更新

【外信コラム】
ソウルからヨボセヨ 現実直視する機会

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が9月3日、北京の天安門広場で行われる「抗日戦勝70周年記念軍事パレード」を参観する。日米やアジア諸国の首脳はほとんど行かないのに、この中国寄りに踏み込んだ韓国の“決断”は驚きだ。しかし韓国は決断の確たる理由を国内外に十分に説明していない。これでは「どこへ行く韓国?」である。

 今回の軍事パレードは世界最大規模のものになる。韓国にとって中国軍は朝鮮戦争(1950~53年)の侵略軍だ。いまだ「謝罪」も「反省」もしてもらっていない韓国としてこの際、心境を国際社会に聞かせてほしいものだ。

 朴大統領は中国に「正しい歴史認識」を追及すべき絶好の機会なはずだが、同時にあのものすごい軍事力をしっかり目撃し、中国の軍事的脅威という国際情勢に対する「正しい現実認識」をぜひ持ってほしい。

 ところで北朝鮮でも10月10日(労働党創建70周年)に金日成広場で大軍事パレードが準備されているという。韓国はこちらにも「謝罪と反省」はしてもらっていないが、それはともかく国際社会の常識ではこうした中国や北朝鮮の軍国主義、軍事的脅威こそが現実問題なのだ。安倍晋三政権への軍国主義非難など妄言、寝言に等しいことを確認する意味で朴大統領の天安門参観も悪くないか。(黒田勝弘)

「ニュース」のランキング