産経ニュース

【戦後70年談話】米中ばかりで「韓国に重き置かず」 韓国紙、やっかみ半分も関係悪化はたしなめ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【戦後70年談話】
米中ばかりで「韓国に重き置かず」 韓国紙、やっかみ半分も関係悪化はたしなめ

 【ソウル=藤本欣也】15日付の韓国主要紙は、安倍晋三首相の戦後70年談話について、「直接のお詫びがなかった」などと批判的に報じる一方で、現実の日韓関係は談話を乗り越えて進んでいかなければならないとする主張を展開した。

 朝鮮日報は「巧妙な言葉で“植民地支配へのお詫び”を避けた安倍談話」との見出しの社説を掲げ、「安倍首相が談話で反省・お詫びの対象としたのは、大部分が中国・米国」で、「植民地支配はむしろ合理化しようとした」と指摘。日本が「対米、対中関係に神経を使いながらも、対韓関係にはそれほど重きを置いていないことが分かる」と不満を示した。一方で、「談話一つのために日本との関係で全てを断つというのは賢明な選択ではない」とした。

 東亜日報も社説で「誠意あるお詫びのない安倍談話が日本の限界をさらけ出した」「安倍首相の恥知らずな歴史認識に失望と憤怒を感じる」などと激しく批判しつつ、「談話に失望しても、韓日関係をさらに悪化させることが国益になるのかを朴槿恵(パク・クネ)政権は熟考する必要がある」とした。

「ニュース」のランキング